アルミ丸棒

アルミ丸棒

アルミニウム丸棒 アルミ丸棒は、アルミ材料加工品の母材として、代表的な素材のひとつです。 材質によって特色も異なるため、さまざまなご使用用途にあわせて お使い頂いています。 A5056は、A5052より強度が高く、切削加工向きで、仕上がりが美しいため 切削・旋盤加工の母材として用いられます。 A5052は、耐海水性に優れており、溶接性がいいため、船舶向けで 活用されております。 ほかにも、A1070、A2017、A2024、A5083、A6061、A7075、A7N01 等の 材質のアルミ丸棒も取り扱いがございます。 在庫品、製作品ともに、ぜひお気軽にお声掛けください。
納期  価格はご相談ください。
お急ぎの方はお気軽にお電話ください。
TEL:0120-163-256
FAX:03-5735-2971

アルミ丸棒
直径
(mm)
材質
A1070
A2011
A2014
A2017
A2024
A5052
A5056
A5083
A6061
A6063
A7075
3
4
5
6
7
8
8.4
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
直径
(mm)
材質
A1070
A2011
A2014
A2017
A2024
A5052
A5056
A5083
A6061
A6063
A7075
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
67
68
70
72
75
80
82
85
90
95
100
105
110
113
115
120
125
130
135
140
145
150
155
160
165
170
175
180
185
190
195
200
直径
(mm)
材質
A1070
A2011
A2014
A2017
A2024
A5052
A5056
A5083
A6061
A6063
A7075
205
210
220
230
235
240
250
255
260
270
280
290
300
310
320
325
330
340
350
360
370
380
390
400
410
420
~~ 材質 ~~
  • A5056
    最も一般的な丸棒です。
    中程度の強度にて耐蝕性、切削性、アルマイト処理との相性も良好です。
  • A2017
    高力アルミ合金、ジュラルミンとも呼ばれます。
    切削性は良好です。
  • A2011(相当)
    快削棒、高強度微量の鉛の添加により切粉の切れが良く、高速域での切削性が良好。 耐蝕性がやや劣り使用環境により十分な対策が必要です。
    ☆各アルミメーカーにて独自の規格があります。
  • A2011-T8(日軽・住軽)
  • 111S-T8(住軽)
  • KS21-T3(古河)
  • KS27-T8(古河)
  • C6P-T8(神戸)

0120-163-256

お気軽にご相談ください